あかつき福祉会について

法人名

社会福祉法人あかつき福祉会

代表者

理事長 永田 吉治

所在地

〒562-0045
大阪府箕面市瀬川3丁目3番21号

設立

昭和53(1978)年3月

職員数

148名(平成30年4月1日時点)

rijichou

あかつき福祉会の理念
「このまちで自分らしく暮らしたい」

社会福祉法人あかつき福祉会は、昭和53(1978)年3月に設立した社会福祉法人で、当初は30名定員の知的障害者通所授産施設としてスタートしました。その後、箕面市の障害者施策の歩みとともに重い障害のある方への支援を中心として、通所施設3か所(内、箕面市指定管理施設2か所)をはじめ、重い障害のある方であっても安心して暮らせる夜間も世話人が常駐するグループホームの設立(9か所)や短期入所、居宅介護、移動支援、相談支援など幅広く障害福祉サービス事業を展開し、箕面市における障害福祉サービスの中核を担うとともに、「このまちで自分らしく暮らしたい」との思いの実現に向けて取り組んできました。
これからも、どんなに重い障害のある人であっても、住み慣れたこのまちで自分らしく暮らしていけるように、また、あかつき福祉会が障害福祉サービスの担い手として地域社会になくてはならない存在となっていけるように、努めてまいります。

gensoku5

gensoku1
(1)利用者の人権を尊重し、いかなる差別、ハラスメント、虐待を行わないと共に、許しません。
(2)利用者が主体となる支援を行います。
(3)利用者個々のニーズを尊重した支援を行います。
(4)利用者個々の障害状況や障害特性に応じた支援を行います。
(5)利用者のニーズを代弁し、社会に働きかけます。
(6)自らの支援の内容について説明できるようにします。
gensoku2
社会福祉に関わる法令や情報を正しく理解し、行動します。
gensoku3
(1)専門性を高めるために積極的に自己研鑽します。
(2)継続して支援に携わるために、自己管理力を身につけます。
(3)後進の育成に努めます。
(4)信用を失墜する行為をしません。
gensoku4
(1)利用者とともに地域のつながりを意識し、支援を行います。
(2)社会福祉の理解を広めるため、社会に情報を発信します。
(3)様々な人たちや機関、家族と連携し、利用者支援を行います。